胸のサイズをアップさせるためには、キャベツが良いという有効説があります。

キャベツ自体にボロンと呼ばれる栄養素が含まれているのですが、この栄養素は女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)ホルモンのエストロゲンの分泌を促すというはたらきをします。

とはいえ、この栄養素の一日の理想の摂取量は、キャベツ1玉分とされていますので、サプリメントなどとの併用が望ましいでしょう。キャベツを食べることによって胸が大聴くなるという噂があるのですが、本当なのでしょうか?初めに結論からいいますとキャベツを食べることによって胸を大聴くする効果が期待出来ます。
キャベツに含まれる栄養素にはボロンという女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)ホルモンのエストロゲンと同様の役割をもつ要素があります。バスト(大きすぎても小さすぎてもコンプレックスになってしまうようです)アップと肩甲骨とは、深い関係があるといったことが言われます。肩甲骨にほんの少しでも歪みがあると血液の流れが悪化することになり、胸にまで栄養を届けることができないのです。

しかしそれでは胸の発育の妨げになるので、肩甲骨の状態を正しく改善して血液の巡りを良くしてください。そして、肩凝りや冷えといった原因にもなるのです。