» 2015 » 11月のブログ記事

VIO脱毛にかかる期間

| 未分類 |

VIOラインは、他の部位よりも毛が太く濃い場所です。
なので、脱毛効果を実感するまでには、少し時間がかかるかもしれません。
人によっては1回施術を受けただけで「毛が薄くなった」と思うかもしれませんが、1~2回では毛が抜けてこない人もいます。
脱毛完了するまでには、Vラインはサロンだと10~12回、クリニックでは6回程度かかるのが平均的なようです。
O・Iラインは毛の量に個人差が大きいのでなんともいえないところがあるのですが、サロンだと14~16回、クリニックだと8~10回程度見ておくのが良いかもしれません。
期間にするとサロンは2年~2年半、クリニックは1年~1年半です。
ただし、これはすべての毛をツルツルにする場合のことです。
アンダーヘアはすべて脱毛してしまわず薄くする程度にして残しておく人も多いです。
どれくらいまで薄くするのかは完全に個人の好みです。
VIOラインは個人の毛の生え方や好みでかなり脱毛期間に差が出る部位だといえます。

Oライン脱毛

| 未分類 |

Oライン脱毛とはサロンによってはヒップ奥とも呼ばれ、いわば肛門の周りの毛が生えている部分のことです。
V・Iラインと一緒にやる人が多く、Oライン単体でやる人は少ないかもしれません。
自分でみる機会はあまりない場所ですから、特に気にしていない人もいるかもしれませんね。
でも結構生えている人も多いです。
V・IラインのついでにOラインも脱毛することになって、自己処理のときに初めて「こんなに生えてるんだ!」と衝撃を受ける人もいるみたいです。
OラインもIライン同様、脱毛すれば生理の時にはかなり快適になります。
Tバックの水着や下着も安心して着れますね。
Oラインは他の身体の部位に比べて痛みの強い場所ではありますが、Iラインに比べれば痛みは弱いといわれています。
V・Iラインは少し残しておく人が多いですが、Oラインはキレイさっぱり全部脱毛してしまうという人がほとんどのようです。
他人に見られて施術を受けるのはかなり恥ずかしい場所ですが、相手はプロですから慣れっこです。

Iライン脱毛

| 未分類 |

Iラインとはアンダーヘアの奥の方、性器周りの毛が生えている部分のことです。
まったく手をつけていない人も多いですが、最近Vライン脱毛と併せてIライン脱毛も人気が高まっています。
Iラインの毛がなくなるとTバックの水着や下着のときにも気になりませんし、生理時のムレやかゆみなどが軽減されスッキリとするのがメリットです。
サロンによってどこからどこまでをIラインとするかは多少変わりますが、大体前から割れ目が見える当たりから肛門下2センチくらいまでを範囲としている所が多いです。
粘膜にはレーザー・フラッシュを照射することはできません。
ニードル脱毛なら粘膜も施術できますが、敏感な部分なので痛みはかなり強そうです。
フラッシュやレーザーでの脱毛でもニードル脱毛ほどではありませんが、VIOラインは他の部位に比べて痛みが強いといわれています。
全て綺麗に脱毛してしまう人も多いですが、前から見える部分を気にして少し残しておく人もいます。