» 2017 » 5月のブログ記事

スポーツをする上で避けて通れないのが、負傷だ。
こけて擦りむいた身近なら、一気に治りますが、捻挫や骨折という負傷も考えられます。

今回は、負傷を未然に防ぐテクという、ケガをしてしまった時のメンテナンスをご紹介します。

①ストレッチングをする。

スポーツをする前に、ストレッチングやランニングなどをして、人体を温めておきましょう。
こうすることで筋肉が目覚め、熱く動いても、肉離れ等の大きなケガをすることがありません。

②テーピングをする。

自分が負傷をしやすい所に、前もってテーピングを通じておきましょう。
テーピングで筋肉を進化しておけば、負傷をしにくくなります。

③アタッチメントはちゃんと取り扱う。

サッカーのすね当てや、野球のヘルメット等は、必ず自分にあった物を装着しましょう。
デザイン性ばっかり重視していると、肝心な安穏が守られませんよ。

④捻挫をしたら病院へ。

自分で歩ける程度の小気味よい捻挫であれば、その後の活動は除け、
苦痛がなくなるまで捻挫したポイントを冷ましながら、安静にしておきましょう。

逆に、自分で歩けないほど苦痛が著しい場合は、一気に病院へ行きましょう。
捻挫は時間が経つと状況が変わってきます。
それで医院の診察を受けるのが、金字塔安心ですよ。

これらの箇条に気を付けて、安全にスポーツを楽しんでください。http://www.xn--2ck9csa3gq35ru3p.com/