» 2018 » 2月のブログ記事

法要の服装

| 未分類 |

お葬式の後も、様々な法要がまだまだ続きます。

初七日に始まり、七日ごとに四十九日まで法要があります。
また一周忌や三周忌、七回忌、十三回忌…と続きます。

それぞれの法要によってまた服装も違ってきます。
お通夜やお葬式とちがって、遺族や親族だけのこと…とは思わずに、しかるべき服装で臨みましょう。

遺族は三回忌までは、喪服を着るものです。
ただ七回忌も過ぎれば、略式の喪服でもかまいません。
あるいは、地味な色の服を着ても問題ありません。

一方参列者は、初七日から~四十九日までは略式喪服で参列します。
一周忌以降の年忌法要には、略式喪服でなくてもかまわないでしょう。
地味な服を着用していれば問題ありません。

七回忌以降ともなると、地味であれば平服でもかまいません。

亡くなられてから何年たっても、やはり法事や法要です。
派手な服装であったり、肌をあらわにした服装はさけましょう。
オーソドックスな地味な服を着用するようにしましょう。

遺族であれば、なおさらのことです。

家族葬 安い

 

人が、トイレへ行く回数というのは、違っています。
もし、その人本人が、トイレへ行く回数が多いかもしれない…、
と感じているのであれば、それはもう頻尿といえるでしょう。

一般的には、一日8回以上トイレへ行く人は、頻尿と判断されています。

頻尿とはいっても、いろいろです。
一回一回の排尿の量が少ないこともあります。
そのため、トイレへ行く回数が多くなってしまっています。
または遺尿量が少ないと、
全部出し切れていないことが多いです。
そのため残尿感を感じてしまうことがほとんどで、
どうしてもトイレへ行く回数が増えてしまうのです。

また排尿量が少ないわけではないにもかかわらず、
尿の量がそもそも多いがために、
トイレへ行く回数が増えてしまうこともあります。
この場合、多尿が原因となっていることが、多いです。

頻尿かもしれない…、と自分で思った場合には、
自己判断せずに、まずは病院へ行きましょう。
重大な病気を抱えていることもあります。

夜間 頻尿 サプリ