» 2018 » 11月のブログ記事

尿量が増え、頻尿の症状が現れるのは、なにも膀胱や尿道に問題がある場合に限ったことではありません。

他の病気をわずらっていることが原因となって、
頻尿や残尿感を感じるようになることがあります。

例えば、糖尿病などの内分泌系の疾患です。
また水分をたくさん取り過ぎてしまっても、
過剰に摂取した分、尿の量は多くなってしまいます。

また何らかの病気をわずらっていて、利尿剤を服用しているときは、
尿の量が増えるため頻尿の原因となります。

1回の排尿の量は150ミリリットルから200ミリリットル程度です。
この程度が正常の尿の量となっています。

しかしそれ以上の量の尿が排出されたり、
何回もトイレへ行くと、頻尿ということになります。

泌尿器系の疾患を患っていると、
頻尿かもしれないというのは気づきやすいですが、
それ以外の疾患であれば、頻尿になってもなかなか気づきません。
そのため普段と違うことがあれば、病院へ行って相談しましょう。参考サイト:ノコギリヤのサプリメントの効果はどう?